ファッション レビュー

【最強の白T】キャンバーTシャツ301|マックスウェイトのサイズ感や洗濯後の縮みを検証

CAMBERマックスウェイトTシャツ301レビュー

 

どうも、アパレル業界11年のHARUです!

 

白Tシャツってものによっては、すぐヨレたり、乳首透けたりしますよね。

もっとこう、

ガシガシ使ってガンガン洗濯!
それでいて今っぽく着れる白Tシャツ

を探している人も多いはず!

 

今回、そんな人におすすめしたいのが

【 CAMBERのマックスウェイトTシャツ301 】です!

\ ドドンっ /

CAMBERマックスウェイトTシャツ301

CAMBERマックスウェイトTシャツ301

個人的にはまじで買って良かった。

ヨレないし透けないし、サイズ感はアメリカ規格のオーバーサイズ!

HARU
白Tには欠かせない要素がいっぱい詰め込まれたTシャツです!

 

  • タフでガシガシ着れる白T欲しい
  • 今っぽくゆったり着れる白T探してる
  • 洗濯の縮みなんかも気になるところ

このような人には特にご覧頂きたいと思います。

 

というわけで、今回はCAMBERのマックスウェイトTシャツのサイズ感や、洗濯後の縮み具合を徹底的に検証し全てお伝えします!

 

このような流れで進めていきますよ!

タップで見たいところへ移動

HARU
順に見ていきましょう!

 

CAMBERマックスウェイトTシャツの特徴

キャンバーマックスウェイトTの特徴

 

CAMBERキャンバーは1992年、アメリカのペンシルベニアにて誕生。

 

HARU
元は生地生産だけしていた企業が始めたブランドです!

そのCAMBERのマックスウェイトTシャツをひとことで言うと、MADE IN USAにこだわった超タフなTシャツ。

 

しかしそれだけでは語りきれないので他の特徴についてもまとめました。

 

ボックスシルエットが今っぽい!

CAMBERマックスウェイトTシャツ301

CAMBERマックスウェイトTシャツ301

広めにとった身幅に長過ぎない着丈。

いわゆる【 ボックスシルエット 】は今まさにトレンドの形です。

ただゆったりしているだけでなく、CAMBERの場合は分厚い生地感ゆえの美しいシルエットが特徴的。

 

綿100・8oz(8オンス)の肉厚感

CAMBERマックスウェイトTシャツ301の肉厚感

この撮り方をするには肉厚過ぎました(笑

Tシャツの中では極厚!と言っても過言ではない8oz(8オンス)のコットン素材を使用。

+ オンスの意味はこちら(開く)

簡単に言うと「生地の厚さの単位」のこと。

※正確には「重さの単位」なんですが、「厚さの単位」として考えた方がわかりやすいので一般的にもそういう表現になってます。

イメージが湧きやすいように少し紹介します!

3~4oz(オンス) 主にTシャツのボディで価格も安く、透けやすい傾向にあり。品質が低いと言われがちですが、最近は薄くてもクオリティが高いものもある。
5~8oz(オンス) Tシャツの中でも「ヘビーウェイト」と呼ばれる肉厚生地。6オンスを超えるTシャツは最高クラスのクオリティ。透け感もなく、タフな作りが特徴。
9~15oz(オンス) トレーナーやパーカーにあたる厚さ。15オンスまでいくと生地も硬く、着心地にも影響が出てくる。程よく着るなら12・13オンスがおすすめ。

今回レビューするCAMBERのTシャツは8oz。

ヘビーウエイトTシャツのの中でも最高クラスのクオリティ!

 

数あるMADE IN USAのTシャツの中でも、異端児のような存在。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301の肉厚感

袖部分。持ち上げたら立ったまま。

ガシガシ着て、ガンガン洗ってもヘコたれない、こんなTシャツが欲しかったんです。

タフで今っぽいTシャツを探している人には本当におすすめです!

 

THE アメリカンな質感

CAMBERマックスウェイトTシャツ301の質感

画像でも確認できるくらいギュギュっと詰まったコットン素材。

手に取ってみるとパリッとした質感が伝わってきます。

HARU
いかにもMADE IN USAといった感じですね!

CAMBER(キャンバー)マックスウェイトTシャツ301メイドインUSA

だからといって着心地が悪いかというとそんなことはありません。

着ても嫌な硬さはなく、むしろ着ているうちにくたっと体に馴染んでくる様子に愛着さえ湧いてきます。

 

実際の着用画像とサイズ感

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着用画像

CAMBERマックスウェイトTシャツのサイズ感を実際の着用画像を使用してお伝えします。

 

私のスペック

  • 身長172cm
  • 細身体型
  • 肩幅狭め(なで肩)
  • 体重60kg

 

まずは正面から。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着用画像

肉厚な生地によりほどよく広がり、細身体型・肩幅狭めの私でもガリガリには見えません。

HARU
ガタイが良い人が着ると、よりガッチリした印象になってカッコいいんですよ!

横からも見ていきましょう!

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着用画像

身長172cm、Lサイズで袖はひじにかぶるくらいの長さのためユルっとした印象に。

最後にうしろから。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着用画像

私のなで肩感がすごい…

肩幅も広めにとられていて、いい感じに肩のラインが落ちています。

身長170〜175cmくらいの人なら同じくらいのサイズ感になるはずです。

 

サイズ感を比較|キャンバーのマックスウェイト VS ヘインズのビーフィーTシャツ|

ビーフィーT、マックスウェイト比較画像

(左)肉厚な白Tシャツとしてよく比較対象にされる白T界のイケメン、ヘインズのビーフィーT。

(右)対してヘビーウェイトTシャツの頂点に君臨する白T界の異端児、キャンバーのマックスウェイト。

 

人気の両者を比較してみたいと思います。

 

HARU
ビーフィーTを知らない方は、一般的なTシャツとの比較だと思って頂ければと思います

 

まずは白T界のイケメン、ビーフィーTシャツの着用画像から(Lサイズ)

 ヘインズ・ビーフィーT

ヘインズビーフィーTシャツ

身長172cm Lサイズ着用

少し細めのボックスシルエット。

一般的なTシャツよりはゆったりしているものの、ごく自然なサイズ感といった感じ。

 

そして、今回レビューしている白T界の異端児、マックスウェイトと比較するとこんな感じ。

 左:ビーフィーT 右:マックスウェイト

ビーフィーT、マックスウェイト比較画像

(左:ビーフィーT|右:マックスウェイト)

同じLサイズを着てみました。

ビーフィーTの自然なサイズ感に対し、マックスウェイトの方がもう1〜2サイズ分大きい印象。

 

重ねてみると…

ビーフィーT、マックスウェイト比較画像

※この画像だとよく見えませんが、マックスウェイトの方が身幅もかなり広めとなっております。

同じLサイズでもかなりの違い。

マックスウェイトの方が着丈、袖丈などかなり大きめに作られていることがわかります。

 

このようにダボっと大きめに着れて、なおかつタフなTシャツはなかなかないんですよ。

HARU
大きめのTシャツを探している方にはマックスウェイトをゴリ推しします!

 

逆に「自然なサイズ感の方が好きかも」という方は、ビーフィーTシャツのレビュー記事もどうぞ!

目次へ戻る↑

 

CAMBERマックスウェイトTシャツの良いポイント・メリット

CAMBERマックスウェイトTシャツ301良いポイント

CAMBERのマックスウェイトTシャツを、もう少し深堀りしていきたいと思います。

 

首のつまり具合が最高

CAMBERマックスウェイトTシャツ301首の詰まり

白Tってどうしても首回りがヨレてきたり広がったりしてだらしなくなりがち。

でもマックスウェイトなら心配無用!

CAMBERマックスウェイトTシャツ301首の詰まり

ネックラインは丈夫に作られ、襟リブの太さも3cmという簡単にはヨレない仕様。

さらには首が詰まっていることにより”カッチリ感”を印象づけさせる優等生ぶり。

HARU
いい意味でクセが強いので1度着たらもう手放せません!

 

8oz(8オンス)だからできる美シルエット|意外と涼しい

CAMBERマックスウェイトTシャツシルエット

このストーンと落ちるきれいな形!

オーバーなのにヨレっとせず、圧倒的な存在感を放つTシャツなんてなかなかありません。

 

また、この形状がほどよく維持されることにより風通しが良く思ってた以上に涼しく着れました。

HARU
私は柔らかくて汗でペタって肌につくTシャツの方が苦手です…

 

首~肩にかけてのテーピング補強(丈夫で長持ち)

CAMBERマックスウェイトTシャツ301のテーピング補強

首から肩にかけてテーピング補強されており、ちょっとやそっとじゃ形崩れしないような仕様になっています。

また、首、袖、裾など各部縫製はカバーステッチで頑丈に。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301のカバーステッチ

このカバーステッチはだいたいのTシャツに施されているものの、CAMBERの場合はテーピングと合わさることでさらに強化されてます!

HARU
それだけ丈夫で長く着続けられるってことですよ!

 

CAMBERマックスウェイトTシャツの気になったポイント・デメリット

CAMBERマックスウェイトTシャツ301気になったポイント

散々マックスウェイトTシャツの魅力を語っていましたが、すこーしだけ気になる部分もありました。

 

縫製のあまい部分・後処理のあまい部分が見つかる

CAMBERマックスウェイトTシャツ301ほつれ

首の部分の糸がピョンっと出ていたり

CAMBERマックスウェイトTシャツ301ほつれ

肩の部分の糸がピョーンと出ていたりも

でもこれは【 ほつれ 】ではなく、あくまで後処理があまいだけ。

糸を切ってしまえば全く問題なし。

 

また、本来なら裏地になるはずの生地が、すこーしだけ出ている部分も見つかりました。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301ほつれ

生地が若干こんにちはしてますね

拡大しているから目立つ気がするものの、よーく目を凝らして見つけようとしないと見つからないレベル。

これも着る上では全くの支障なし。

 

HARU
これもまたアメリカらしさ!他には問題ありませんでした!

 

綿100%なので洗濯後は若干縮みます

ビーフィーTの縮み具合

これはもう綿100%のアイテム全てに言えること。

むしろコットン生地の魅力とも言ってもいいかもしれません。

 

とはいえ、縮み具合によっては購入するサイズを変更したい人も多いはず。

 

そんな人には数値での比較はもちろん、着用画像での比較など徹底的に縮み具合を検証したこちらの記事がおすすめです。

HARU
縮みを考慮したサイズの選び方も解説しています!

目次へ戻る↑

 

CAMBER(キャンバー)マックスウェイトTシャツのアレンジ方法を考えてみた

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着こなし

CAMBERのTシャツは肉厚で存在感があるので何もせずともキマります。

しかし、夏のコーディネートはシンプルになりがちで「つまらない」と感じることもありますよね。

 

そこで、少しでも楽しめるようCAMBER単体でできる着こなしアレンジを3つやってみました。

  1. 袖をロール アップ
  2. タックイン
  3. ロンTレイヤード

 

HARU
順に見ていきましょう!

 

1.袖をまくってアクセントに

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着こなし

ただ袖をまくるだけなのですぐにできる簡単アレンジ。

たったこれだけでもアクセントになり”こなれ感”が出ます。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301着こなし

もう少しまくっても良さそうですが、ゆるっと感を残したかったので1ロールだけしてみました。

 

2.Tシャツをインしてキレイめに

CAMBERマックスウェイトTシャツ301タックイン

Tシャツをパンツにインすると一気にきれいめな雰囲気に。

Tシャツが大きめなので、パンツもゆったりした方がバランスが◎。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301タックイン

せっかくインするのでベルトのバックルやアクセサリーも積極的にみせて行きたいところ。

 

3.インナーにロンTをINしてストリートに

CAMBERマックスウェイトTシャツ301ロンTレイヤード

ゆるさを活かして中にロンTをインするのもありですよね。

いい感じにストリート感が出ました。

CAMBERマックスウェイトTシャツ301ロンTレイヤード

中にインするロンTは、Tシャツと同じくらいゆるっとしたものを選ぶとシックリます。

つまり今回の場合はアームが細めのロンTは合いません。

HARU
真夏には厳しいかもしれませんが、一気に雰囲気を変えられるのでおすすめです!

CAMBER(キャンバー)マックスウェイトTシャツを安く買えるのは?

CAMBERマックスウェイトTシャツ301安く買うなら

ここまで紹介してきたキャンバーのマックスウェイト。

通常価格は6,000円以上です。

しかし、それよりも安く買えるのが Amazon、楽天、Yahooあたり。

 

注意点としてこのキャンバーのマックスウェイトTシャツは以下の2つの種類があります。

  • 胸ポケットなし(301)
  • 胸ポケットあり(302)

ポケットなし(301)の方が人気があるため少しだけ価格が高めになってますね。

 

特にホワイトは大人気で安く売ってる店から完売しがちなので見つけたらすぐポチっておくことをおすすめします。

結果、私は散々探し回って1番安かった通販店舗から4,900円程度で購入しました。

 

また、ZOZOTOWNでも売っていますがセールになっても6,000円程度なのでおすすめしません。

HARU
1,000円の差は大きいですよね!

 

Amazon、楽天、Yahooの方が安く売ってるので探してみてくださいね!

ポケットなし(301)

ポケットあり(302)

結果、お得に手に入れることができたので大満足でした!

 

最後に|CAMBER(キャンバー)マックスウェイトはまさに最強の白T。この感動を体感して欲しい。

CAMBER(キャンバー)マックスウェイトTシャツ301最強の白T

繰り返しになりますが、キャンバーのマックスウェイトTシャツには、

肉厚感・シルエット・細部までの補強・首の詰まり・長く着続けれらるクオリティなど、私がTシャツに求める全ての要素が詰まっていました。

 

MADE IN USAゆえの少しだけ裁縫の後処理が甘かったりする部分はご愛嬌。

それもまたどこか愛おしく感じます。

 

私が本気でおすすめする白Tシャツの1つになったことは間違いありません。

HARU
1度試せば何度も着たくなる、そんなアイテムです!

 

本記事があなたの参考になれば幸いです。

 

合わせて読みたい

目次へ戻る↑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HARU

現役スタイリスト・現役バイヤー・元アパレル店員の3人で構成され当サイト「MODA」の代表。経歴▶︎18歳/国内メンズブランド販売・営業▶︎24歳/ラグジュアリーブランド販売・営業▶︎現セレクトショップ店長。ファッションに興味がない人から服バカな人まで楽しめるようなコンテンツ発信をしていく。

-ファッション, レビュー

Copyright© メンズファッションメディアMODA(モダ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.