APPAREL WORK アパレル業界

アパレル販売員向け|今の環境が嫌なら行動しよう。転職したらキャリアアップできた話

アパレルのキャリアアップ

 

[chat face="komatta_man2-1.png" name="" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]アパレルで働いているけど、給与も低いし毎日楽しくないな。生活にも余裕が欲しいし、今後を考えてキャリアアップもしたい!そんな好条件なアパレルの仕事ないかな・・[/chat]

 

そんな疑問を解決します。

 

[jin_icon_check color="#e9546b" size="30px"]筆者の経歴

アパレル歴11年

・レディースアパレルで「商品管理・DB・営業」を経験
・メンズアパレルで「販売・店長」を経験
(ヤングブランド・ラグジュアリ―ブランドも含みます)

 

この経験の中で、働く環境に疑問をもち、さらに好条件を求めて転職したことがあります。

その時は、転職活動を諦めず根気強くやり続けた結果、最終的に行き着いた会社では順調に昇格し続け、給与も倍近く変わりました。

 

これは、自分を信じて好条件の職場を探し求め続けた「行動」の結果だと思っています。

 

[jin_icon_check color="#e9546b" size="30px"]本記事の内容

・ぼくが今よりも好条件のアパレル会社を探し始めたきっかけ

・転職までにぼくが行った行動

・転職先では昇格の連続だった話

・好条件のアパレル会社への転職を成功させた方法

 

あなたも現状に少しでも不満があるなら、好条件の職場へ転職をおすすめします。

同じことをしていても、給与や待遇が全く変わってきます。

この記事を読んでぼくの経験が少しでも役に立てば幸いです。

 

ではいきましょう!

今よりも好条件の仕事を探し始めたきっかけ

ぼくはメンズの販売から、別会社のメンズ販売の仕事へ転職しました。

理由は以前から店舗の決まりや、やり方に疑問をもっていたからです。

その疑問とは

融通が効きすぎて店長の自由暴走化

その為キャリアアップも想像できなかった

アパレル販売の中でも給与が底辺

ハッキリいって環境がクソでしたね。

融通が効きすぎて店長の自由暴走化

会社が店舗管理のほとんどを店長にまかせていた為、店長の独断で様々なことが決められていました。

 

小さなことですが「店長はいいけど、スタッフはダメ」のような決まりが結構あって、明らかな店長の独裁状況。

たとえば

・遅刻したことを報告せず、勝手に変更調整していた

・掃除をしない(会社的には全員がやる決まり)

・昼休憩を15分以上長く行く

・友達が来たら喋りっぱなし

・店長会には面倒だからと自分は行かずスタッフに行かせる

などなど言い出したらきりがありません。これは店長はいいけどスタッフがやったら怒られることでした。

 

それくらい融通が効いちゃうので、常にみんなはゆるみっぱなしで、スタッフ同士仲良かったのですが、この仕事が今後の自分にどう活きてくるのかは見えませんでした。

キャリアアップも想像できなかった

アパレル未経験だった為「こんなもんなのかな」と思っていましたが、アパレルの友人から色々と話を聞くと、そちらの会社では全く違いました。

まず

・販売スタッフの教育面

・その先のキャリアアップ

・昇給制度

・月2回の本社担当とのミーティング

仕事内容は同じはずなのに、こんなにも環境が違うことに驚いたのと共に、自分のいるこの状況に危機感を感じました。

アパレル販売の中でも給与が底辺

アパレルの友人から話を聞いて以降、同業種の給与や待遇を調べるようになりました。

そしてアパレル販売の中でも給与が底辺だったことに気づきます。

 

ぼくの職場は

東京都の最低賃金

残業があっても定時で勤怠を押される

今思うとかなりブラックですね・・・会社というより、店舗がかなりのブラックで「転職しよ」と思った理由でもあります。

 

とはいえアパレルの仕事が好きだったのでアパレル業界からは離れたくはないし、だからといって安い給与は少し不安・・

そんなことを思いながら求人サイトを観続ける日が続きました。

求人サイトを見るだけでは、なかなか行動に移せなかった

求人サイトには様々な惹かれる求人がたくさんありましたが、いまいちイメージがつかめず、誰にも頼れず、なかなか行動にうつせませんでした。

そうこうしているうちに、別会社で働く友人は昇給していき焦っている時に見つけたのが

転職エージェントです。

 

求人サイトと転職エージェントとの違いは下記の通り。

求人サイト 求人探しから応募先のやりとりまで、全て自分で行う
転職エージェント 転職のプロが応募先との間に入り、サポートしてくれる

 

このように転職エージェントを利用すれば、わからないことも全て対応してくれるので安心です。

具体的に言うと、キャリアアドバイザーが転職者の希望や経験を聞いて、その条件にあう求人を探してくれます。

 

応募書類の添削、面接対応、給与の交渉までサポートを行ってくれるのでとても助かりました。

 

そしてぼくも好条件の会社へ転職することができたのです。

転職までにぼくが行った行動

ぼくのように「転職したいけど、どうに探したらいいものか・・」なんて考えている間にどんどん時間は過ぎていきます。

だからといって急いで転職するのもよくありません。

 

そこで、ぼくが実践していた「転職したいけど自分の考えがハッキリしていない時」の過ごし方を紹介します。

・今の会社で覚えられることは全力で覚える

・今の会社で学べなくても自ら知識として勉強しておく

・自分がやりたいことをできるだけ明確にしておく

 

好条件の会社へ転職できたのは、この時の勉強する姿勢が結果に繋がりました。

今の会社で覚えられることは全力で覚える

現在の会社にいることが嫌になってしまっている場合、毎日仕事に行くことすら憂鬱ですよね。

しかし、せっかくの環境です。今の職場で身に付けられることはしっかり身につけておきましょう。

それが今後に役に立つ日がくるかもしれません。「自分を成長させる」その期間にうまく利用しましょう。

今の会社で学べなくても自ら知識として勉強しておく

「今の職場では何も学べなそうだ・・」そうは言っても、自ら勉強できることもたくさんあります。

ぼくは今後もアパレルの仕事をしたかったので、何を勉強しても「知識として持っておけばいつか役に立つ」と思って自ら調べて学んでいました。

 

たとえば

・アパレル店舗の店長業務

・予算に対しての適正在庫数

・お客様の導線を意識したレイアウト

など、販売以外のことも調べたりしました。

 

このとき自ら学んでいたことが、面接の際とても役に立ったのを覚えています。

別会社の面接にいった時のこと、面接官の方から「販売以外は何か勉強していましたか?」と聞かれたため

色々と勉強していた内容を伝えたところ、そのことも評価してもらいその場で合格通知を頂けました。

自分がやりたいことをできるだけ明確にしておく

ぼくは特にやりたいことがあって勉強していたわけではなく、アパレル関係の仕事がしたい!と漠然と思っていただけでした。

ただ、これだと勉強の効率も悪いですし、あまり良い勉強法とは思えません。

ぼくの場合もたまたま勉強していたこと自体が評価されただけでしたが、もっとやりたいことを明確にしておけばもっと今後に繋がったと思います。

面接の時点で”自分の強み”を伝えることができるからです。

自分のやりたいことは出来るだけ明確にしておきましょう。

 

とはいえ、同じアパレルでもどんな仕事があるのかがわからない時ありますよね。

それも勉強です。実際に検索して

・どういう仕事をしているのか

・どういう知識が必要なのか

・どうすればなれるのか

など自ら調べてみてください。

同じアパレルでも、やることが全然ちがう魅力的な仕事に出会えるかもしれません。

実際に転職したら昇格の連続だった話

同じ販売でも、転職したことでかなりキャリアアップできた結果となりました。

ぼくがやったことは

[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]新人販売員から積極的に行動

[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]勉強していたことを実践

[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]そしてさらに勉強。

個人売上は全国で1位になり、在庫管理までできるとのことでしっかり評価してもらえていたようです。

タイミングもありましたが1年後には店長に昇格。

給与も上がり、入社2年後には本部へ昇格することになったのです。

[jin-sen color="#f7f7f7" size="3px"]

本部に上がった後も色々ありましたが、とにかくぼくがここで言いたいことは、

あなたも今やっている仕事でも、少し職種が違う仕事でも、もっと好条件の仕事があるかもしれません。

全く同じことをしているだけでも、給与や待遇、環境が全く違います。

なぜなら会社があなたを求めているからです。

 

もちろん学ぶ努力も必要ですが、今の職場に不満があったり、給与が見合わなかったり、将来自分のキャリアアップが見えないなら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

というより、あなた自身のために転職することをおすすめします。

ぼくが好条件のアパレル会社への転職を成功させた方法

ぼくが転職に成功できたのはエージェントのおかげです。とはいっても、転職エージェントはいくつもあるんですよね。

その中でも、特に利用していたのは「ファッショーネ」でした。

詳しくは下記にありますが、販売職以外にもアパレルの専門的な仕事も取り扱う、アパレル総合転職エージェントです。

アパレル業の世界を広げたいなら利用しない理由がありません。

 

そして、ぼくが仕事に悩む女友達にもよく紹介していたのが「スタッフブリッジ」と「パルド」です。

それぞれ特徴があり、どちらもアパレル業界に強い転職エージェントですよ。

自分の人生を変えるのは自分しかいません。アパレルにどんな仕事があるのか、見てみるだけでも楽しいですし、キャリアアップに繋がるかもしれませんよ。

求人・転職エージェント人気No.1〈ファッショーネ〉

[jin-img-waku]

ファッショーネ

[/jin-img-waku]

アパレル求人【ファッショーネ】なら、あなたにもっとあう条件が見るかるかもしれません。

[box05 title="ファッショーネとは"]

  • 販売職はもちろんのこと、専門職の転職支援も行う
  • キャリアコンサルタントの素早く丁寧な対応
  • もちろん無理に転職を勧めてくることはありません
  • 地域ごとの専任コンサルタントが提案
  • 豊富な職種や、独占求人が多数
  • 面談か電話どちらかでコンサル可能

[/box05]

求人との出会いも全てタイミングなので、登録しておいて損はないはずです。

ファッショーネ公式

求人・転職エージェントNo.2〈スタッフブリッジ〉

[jin-img-waku]

スタッフブリッジ

[/jin-img-waku]

 

アパレル求人【スタッフブリッジ】は、アウトレットに強い特徴があります。とはいえアウトレットに限らず様々なアパレル職を紹介してくれます。

[box05 title="スタッフブリッジとは"]

  • アパレルに特化した求人サイト
  • 地域最多の案件数を保有
  • 安心のバックアップ体制でサポート
  • 店舗スタッフ以外の職種も紹介可能
  • キャリアアップも目指せる
  • キャリアアドバイザーが親身に対応

[/box05]

アパレル経験者が多い会社なので、親身になって話を聞いてくれますよ。

スタッフブリッジ公式

求人・転職エージェントNo.3 〈 PARDO(パルド)〉

[jin-img-waku]

パルド

[/jin-img-waku]

アパレル求人PARDOは、アパレルで活躍したい女性に特化した派遣サイトです。派遣は時給が高く設定されているため、一気に稼ぐためにもオススメです。

[box05 title="PARDOとは"]

  • ラグジュアリー・アパレル・雑貨・アクセなどジャンルを広く扱う
  • 短期・単発・長期など働き方も選べる
  • 週払いにも対応
  • 登録者全員に2000円のクオカードプレゼント中
  • 派遣会社の中でも特に高時給案件が多い
  • 専属のコーディネーターが担当につき、サポート

[/box05]

PARDO公式

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HARU

現役スタイリスト・現役バイヤー・元アパレル店員の3人で構成され当サイト「MODA」の代表。経歴▶︎18歳/国内メンズブランド販売・営業▶︎24歳/ラグジュアリーブランド販売・営業▶︎現セレクトショップ店長。ファッションに興味がない人から服バカな人まで楽しめるようなコンテンツ発信をしていく。

-APPAREL WORK, アパレル業界

Copyright© メンズファッションメディアMODA(モダ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.