オシャレの悩み ファッション

【夏に長袖】を着るべき理由5つとおしゃれ男子の長袖コーデ13選

夏の長袖はオシャレ

 

こんにちは!アパレル業界11年のHARUです!

私の夏は基本的にロンTがメイン!もうここ数年はずっとそう。

 

しかしながら一部の人から批判的な目線で見られることもある夏の長袖コーデ。

 

HARU
そんな批判的な人や、まだやったことない人にもひとこと言いたいことがあります!

 

夏だからこそ、長袖がオシャレなんすよ。

 

本記事は、夏の長袖を着るべき理由や、オシャレな男の夏コーデを紹介します。

 

目次

夏に長袖を着るべき5つの理由

夏に長袖を着るべき5つの理由

 

夏に長袖をおすすめする私が、実際に着ていて感じる部分を気持ちを込めてお伝えします!

 

日焼け予防・虫除け

 

「女子か!」というような理由ですが、半袖の跡がそのまま残ってしまうような変な日焼けをしてしまうよりはいいですよね。

というのも半袖で日焼けをしてしまうと、違う半袖Tシャツを着た時に【焼けた色→地肌の色→半袖Tシャツ】ということになる場合があります。

HARU
あれがダサいと言う女性も結構多いんですよ。

全身コンガリ焼くなら問題ないのですが、半袖焼けは避けたいところです。

 

気温差・エアコン対策

 

夏の昼夜の気温差や、室内との温度差って結構キツくないですか?

暑いからって長袖きない人は、羽織りを持つと思うのですが、その羽織りも荷物になったり忘れて帰ってしまったり良いことがありません。

そんな時に長袖を着ていたらそんな悩みも全て解決。

外で日焼けを防ぎ、室内では冷房の直撃から守る。

夏に長袖は欠かせない時代に入ってきましたよ。

 

夏の長袖はショーツとのバランスが最高

 

夏は重ね着もできないし、オシャレしたくてもどうしてもシンプルになりがちです。

そんな夏は、簡単にオシャレ雰囲気を出せる長袖が活躍します。

半袖にショーツも悪くはないのですが、どうしても子供っぽくなりがちです。

 

【長袖 × ショーツ】が夏の大人のオシャレの法則。

このあとショーツを使ったコーディネートも紹介するので参考にしてみてください。

 

ロンTに関しては”今っぽさ”であるストリートMIXコーデには欠かせない!

 

オシャレって具体的に「○○!」って言い切るのは難しいですよね。

でもシンプルなのに「あの人なんかオシャレ!」という人が大勢いるのも事実。

それはみんな”今っぽさ”があるからです。

そして現在の”今っぽさ”は【ストリート】。

簡単にストリート感を出せる方法がロンTなわけです。

 

さらに言えば、袖をまくれば腕まわりにもボリュームができるため、今トレンドの”ゆったり感”も簡単に演出できるなど、長袖にはメリットしかありません。

 

【体験談】腕が細い・肩幅が狭い人は特に長袖がおすすめ!

 

私の体型は身長172cm・細身体型・肩幅狭めのかなりヒョロっとした体型なのですが、長袖には本当に助けられてます。

男であまり細いと夏に悪目立ちしますよね。夏は特に細さが見えるとモテないですし。(筋トレしろとかの話は置いといて)

そんな時に長袖があれば【体型隠しになる+今っぽさも出せる+気温差にも対応】となれば取り入れるしかないですよね。

体がガッチリしていて長袖はパーフェクト。私の理想です。

しかし、私のように芯が細くて悪目立ちしちゃうような人には特に長袖はおすすめですよ!

目次へ戻る↑

 

夏の長袖を選ぶポイントは2つ

夏の長袖を選ぶポイントは2つ

 

「夏に長袖とか暑いだろ・・」と思う人も多いかと思います。

もちろん暑い日もありますが、ポイントを抑えることで無理せず長袖を楽しむことができようになります。

 

長袖を選ぶポイント1:ビッグシルエット

 

夏にぴったりめのサイズだと、汗がくっついて動きにくいですし鬱陶うっとおしいですよね。

通気性や動きやすさを考えてサイズは大きめがベスト。

今のトレンド的にも”ゆったり感”は外せないポイントなので大きめサイズを選んで間違いなしです。

 

長袖を選ぶポイント1:素材〈リネン・コットン・ポリエステル〉

 

夏の長袖は【素材選び】をすれば全く問題ありません。

夏の素材の中でも注目は【リネン・コットン・ポリエステル】の3つ。

それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

 

+ リネンの特徴(開く)

リネンは夏の素材として定着していますが、単に通気性が良いだけではありません。

リネンの特徴

  • コットンに比べて4倍もの吸湿性、発散性に優れているため、夏にもサラっと着ることができる
  • 天然素材の中でも特に丈夫で、シワ感が特徴的。(シワを嫌がるのではなく、楽しみましょう)
  • 汚れが落ちやすく、清潔に保ちやすい特徴もあるため、夏の汗汚れにも適応

注意点・洗濯方法

  • 洗濯する際は弱アルカリ性など弱めの洗剤の使用がおすすめ。洗濯機を使用するならネットに入れることも忘れずに
  • ただ、洗濯機で洗うと変形の恐れがあるので、本当なら手洗いかクリーニングが好ましい
  • 乾燥機は使わずに自然乾燥で直射日光は避けると良い
HARU
注意点としてお伝えしましたが私は洗濯機で洗っちゃってます!でも他のものより洗濯回数を減らしているのと、他のものと一緒には洗わず、単体で洗ってます。

少し扱いづらいように感じますが、夏を涼しく過ごさせてくれる素材ですので、愛着を持って手入れしていきたいですね!

+ コットンの特徴(開く)

コットンの特徴

  • 吸水性、通気性に優れているので通年通して使用できる
  • コットンは綿から作られる自然素材で柔らかな肌触りが特徴
  • 耐熱性に優れているのでアイロンには強い

注意点・洗濯方法

  • シワになりやすいため、洗濯後は自然乾燥で干す際には手で軽くシワ伸ばしをしておくのがおすすめ
  • 洗濯をすると縮みやすいため、ぴったりサイズで購入する際はサイズ感に注意。
  • 化学繊維に比べて価格が高め
HARU
コットンに関しては裏返してネットに入れて洗濯機で回しちゃってます。干す時は肩にハンガーの跡がつかないよう、幅が広いものを使って自然乾燥してますよ!

コットンは私たちの周りでも最も馴染みのある素材なのでうまく付き合っていく必要がありますね!

価格が高くなりやすい分サイズ感には注意したいところです。

+ ポリエステルの特徴(開く)

ポリエステルの生地は合成繊維ですが、私もよく好んでわざと選んだりする素材です。

ポリエステルの特徴

  • 速乾性にとても優れており、洗って適当に干しておくだけですぐ乾きます
  • 耐久性があるため、素材が日焼けをしないことや、すぐダメになりません
  • 何より軽く、シワがつきづらいのが特徴。洗濯機でガンガン回してしまってOK

注意点・洗濯方法

  • 汚れを吸収してしまう特製があるので、汚れの強い者と一緒に洗濯してしまうと、汚れがうつってしまう場合がある
HARU
個人的には注意点はあまりないのですが、素材の特性上、上記の部分だけお気をつけください!

ポリエステルは基本的に肌触りをよくするために、コットンと混合されていることがほとんどです。とても扱いやすい素材なので参考にしてみてください。

目次へ戻る↑

 

真似したい!技あり夏のロンTコーデ10選

 

街のオシャレさんたちは長袖をどう着こなしているのかチェック!

HARU
アパレル業界11年の私が今のトレンドを抑えた技ありコーデを集めました!

 

ショートパンツで合わせた夏ロンTコーデ

ココがポイント

ショートパンツにはソックスを合わせるとストリート感がUP!

全体的にバランスのとれたストリートコーデ。夏はシンプルになりやすいからこそ、このコーデをお手本にアクセサリーやソックス、靴紐の縛り方などといった小技も取り入れていきたい。

 

ロンT × ベスト × ビーニーを合わせた夏のストリートMIXコーデ

ココがポイント

ベストを合わせる時はビーニー(浅め)も合わせると系統がまとまってキマります!

モードストリートな着こなし。夏にニット帽(ビーニー)は暑いように思えますが、夏用もあるので”オシャレ”として取り入れたいところ。ニット帽は浅めにロールしてかぶるのがポイント。

 

シンプルでもカラーロンT × 小物 × サンダルで上級者サマーコーデ

ココがポイント

ゆったりロンTにはゆったりパンツが今っぽい!サンダルで抜け感を!

今まさにトレンドを表す”ゆったり感”コーデ。全体的に重みのあるアイテムの場合は靴をサンダルに変えて抜け感を出して!バッグのレザー感が良いアクセント。

 

夏のストリートコーデはタックインすればクリーンな印象に!

ココがポイント

色の近いTシャツとパンツの合わせで統一感を!

一見強めなプリントTも、近い色のパンツと合わせることで全体的に馴染みます。さらにタックイン、ロールアップ、ソックスの見える範囲など、全てに置いてバランスのとれたお手本コーデです。

 

トラックパンツ × ロンTで夏の王道ストリートコーデ

ココがポイント

Tシャツにプリントされた色をパンツにも差し込むと全体がまとまる!

袖にプリントの入ったTシャツが今っぽい、ストリートコーデ。Tシャツのプリントと同系色の柄が入ったパンツを履くことで統一感UP。トラックパンツやバケットハットでストリート感を演出。

 

夏の長袖 × パンツにはサンダルで軽さを出して”こなれ感”UP!

ココがポイント

トップスがロング丈で重めコーデの時は、靴ではなくサンダルにすれば夏でもOK!

かなり大きめのトップスは重さが出るので足元はサンダルにして抜け感を。そのままだとサイズや色によりTシャツが目立ち過ぎるので、キャップをかぶってバランスを整えた知ってる人だからできるコーデ。

 

一見奇抜なロンTもブラック × タックインでモードに!夏の雰囲気コーデ

男の夏コーデ:奇抜ロンTパンツイン

https://wear.jp/yama/14944533/

ココがポイント

奇抜なTシャツも、それ以外をシンプルにしてタックインすればオシャレ雰囲気が出せます!

ただ奇抜なTシャツならOKというわけではなく、プリントが黒だから他も黒。Tシャツの中に着た白Tの差し色も効いてます。パンツの丈感やキャップに入る白刺繍など、ところどころにポイントを散りばめた上級者コーデ。

 

大きめプリント × レイヤードで差をつける技あり夏の長袖コーデ

男の夏コーデ:プリントロンT

https://wear.jp/twothings/15216120/

ココがポイント

Tシャツをレイヤードする時は、サイズは大きめを選んで!スニーカーのソールで足下にも白を入れているのもポイント!

シンプルが好きだけど、アクセントも欲しい!そんな人におすすめなコーデ。プリントがカラフルな場合はそれ以外を無地のシンプルにするのが鉄則。サングラスが雰囲気UPのポイント。

 

ブラックロンT × ワイドデニムで落ち着いた大人の夏コーデ

男の夏コーデ:ブラックロンTデニム

https://wear.jp/ishizawa/15153896/

 

ココがポイント

デニムにスニーカーのカジュアルコーデを大人っぽくする小物に注目!(ハット・サングラス)

パンツのゆったり感とロールアップ。そこから見えるコンバース。よくあるカジュアルな合わせなのにオシャレなのはハット、サングラス、ベルト、デニムのステッチなど、オシャレ要素を散りばめているから。

 

オールブラック × ボーダーロンT × シャツレイヤードでアクセントが◎な夏コーデ

男の夏コーデ:ロンTシャツ

https://wear.jp/zummmay/14894948/

ココがポイント

目立つボーダーTをアクセントに、タックインすることで全体的にキレイめにまとまります。

ハイウエストでタックインすることでスタイルがよく見える。タックインする場合はベルトのバックルをチラ見せさせるのがポイント。これがないとどこか締まらない。無地のオールブラックに飽きた人はこれにチャレンジ!

 

夏の長袖はロンTに限らずシャツでもOK!今年のシャツはこの3つに注目!

 

今年注目のシャツは間違いなく以下の3つ。

  • ブルー系シャツ
  • 白シャツ
  • ストライプシャツ

 

HARU
ではコーデを参考にみていきましょう!

 

ブルー系シャツ|袖まくりで”こなれ感”を!ゆったり感で涼しげコーデ

トレンドアイテム

ブルーのシャツはこの夏マスト!インナーは鉄板に白でOK!

シャツなら袖まくりをすることで”こなれ感”を演出することができます。ブルー系の色は白との相性がいいので同じくトレンドの白パンツとの合わせも抜群です!

 

王道白シャツ|定番の白シャツもサイズをオーバーに着れば一気にトレンド感UP

トレンドアイテム

王道の白シャツは1枚は持っておきたいアイテム!今っぽく着るにはパンツもゆったりで!

誰でも持っているような白シャツも、サイズ感をUPさせたり、パンツも同じくワイドめにすることで今年っぽく着ることができます。

 

ストライプシャツ|トレンドの白パンで爽やか夏コーデ

トレンドアイテム

今トレンドのストライプシャツと白パンはとりあえず合わせておけば今っぽい必須アイテム!

ストライプシャツは白パンとの相性も抜群。羽織るだけでもおしゃれになるので1枚は持っておきたいところですね。

 

夏に絶対1枚は持っておきたい!ホワイトロンT

夏におすすめのホワイト長袖T

 

夏に着るならこの白ロンT!というアイテムを1つだけ紹介して終わります。

このアイテムを持っておけば様々なコーディネートに合わせることができ、すぐに”今っぽい”格好ができますよ。

 

【Hanes|Beefy ロンT】ユナイテッドアローズ別注

コスパ最強で白Tの王道。

ヘインズのビーフィーロングスリーブTシャツをアローズが別注で作ったもの。

HARU
オリジナルよりも肩幅、身幅、着丈を調整し、より今っぽく”ゆったり感”のあるボックスシルエットとなってますよ!

本家の生地感はそのままなので、何か使えるものを1枚!という人におすすめです。

 

最後に|夏の長袖は全然あり!むしろ取り入れるべきアイテムです

夏の長袖は暑そうなイメージが強いのでなかなか取り入れられない人も多いと思います。

そういう人は1度騙されたと思って着てみて欲しいです。

街中を歩きながら、ふと店舗のウィンドウに映り込むあなたの姿は、いつもと雰囲気が違って新たな”オシャレ”の発見があるかもしれません。

 

今回は以上です。ありがとうございました!

合わせて読みたい

目次へ戻る↑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HARU

現役スタイリスト・現役バイヤー・元アパレル店員の3人で構成され当サイト「MODA」の代表。経歴▶︎18歳/国内メンズブランド販売・営業▶︎24歳/ラグジュアリーブランド販売・営業▶︎現セレクトショップ店長。ファッションに興味がない人から服バカな人まで楽しめるようなコンテンツ発信をしていく。

-オシャレの悩み, ファッション

Copyright© メンズファッションメディアMODA(モダ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.