ファッション レビュー

【レビュー】スイコック〈KISEE-V〉の履き心地とサイズ感は?これ履かずに何履くの?

スイコックサンダルKISEE-Vレビュー

 

どうも、アパレル業界11年のHARUです!

 

大手セレクトショップでサンダルが扱われるようになり今大注目されているブランド〈SUICOKEスイコック〉。

それゆえ、

スイコックのサイズ感と履き心地は?
SUICOKEのサンダルって実際どうなの?

と、思う人も増えたと思います。

 

私も現在スイコックの〈KISEE-V〉という定番のサンダルを週3程度で履いていますが、かなり調子良いです!

SUICOKEサンダル

HARU
今回いろいろとわかったことがあるので全てお伝えしますね!

本記事は以下の流れで進めていきます!

タップで見たいところへ移動

 

ブランド〈スイコック〉をサクっと紹介!

スイコックブランド

SUICOKEスイコックは日本のシューズブランド。2006年、「本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを作っていく」をコンセプトにスタートしました。

 

サンダルが有名なだけに、サンダルブランドかと思われがちですが他のシューズも展開しています。

スイコックのほとんどのシューズは世界的な一流ソールメーカーVIBRAMビブラム社のもの(ビブラムソール)を使用。

+ ビブラムソールとは?(タップで開く)

元々は登山用のソールとして開発され、現在では目的別に数多くのソールを扱っています。

例えば、アウトドアやスポーツ用なら濡れた地面でも滑りにくいソールを。

ワーク用なら裂けにくく、燃えにくく、-40℃の低温でも柔軟性を保てるようなソールを。

そしてこのソールをファッションにも取り入れる流れが加速化しています。

HARU
ソール専門のメーカーだからこそできるクオリティなんです!

それもあって価格は15,000円〜20,000円程度と少し高めですが、全体のクオリティを見ればその値段にもすんなりうなずけます。

HARU
これからさらに人気が増すブランド間違いなしです!

 

スイコックKISEE-Vをレビュー|実際の履き心地は?どんな特徴?

SUICOKEサンダルKISEE-Vレビュー

スイコックのサンダル〈KISEE-V〉をレビューします。

特にお伝えしたいポイントは以下の5つです!

タップで見たいところへ移動

HARU
順に紹介します!

 

スポーティーすぎない都会的なデザイン

スイコックのデザインはいたってシンプル。

SUICOKEサンダルKISEE-V

スポーツサンダルの多くはアウトドアブランド発がほとんど。

デザインも派手めのものも多いですよね。

しかし、スイコックの装飾はブランドステッチがストラップについているだけ。

SUICOKEサンダルKISEE-V

生粋きっすいのスポーツサンダルではなく、ハイブランドのスポーツMIXサンダルのような面持ちです。

サンダルで子供っぽくなりたくない人にもおすすめできます。

 

歩行の快適さを実現するフットべッド

つまさきにある足の指にひっかかるよう作られたとつ部分が歩行を快適にサポートします。

SUICOKEサンダルKISEE-Vフットベッド

さらにこの凸部分は土踏まずにも設置されており、足がしっかりフィットすることで長時間の歩行でも疲れにくい設計となっています。

SUICOKEサンダルKISEE-Vフットベッド

ちなみに、直接足と接するフッドベッドは世界的に有名なビブラム社と共同開発したもの。

HARU
イエローの部分が一瞬でビブラム社とわかるエンブレムです!

 

クッションストラップによる安定感

サンダルにはよくあるストラップデザインですが、スイコックのKISEE-Vはストラップ部分の全ての裏にクッションを設置。

SUICOKEサンダルKISEE-Vストラップ部分

強く当たる場所を計算してクッションがつけられています。

どれだけスレても痛くならないよう、内側のクッションはこんな感じ。

SUICOKEサンダルKISEE-Vストラップ部分

これ触るとわかりますが、フワフワなんです…!

擦れやすいかかと周りもこの通り!

SUICOKEサンダルKISEE-Vストラップ部分

ストラップ幅をはみ出すくらいのクッションが設置され、万全の対策がされています。

HARU
旅行やLIVEなど動き回ることが多いときにも安心ですね!

 

実際に履いてみてもクッションストラップが足を優しく固定してくれるので安定感バツグン…

SUICOKEサンダルKISEE-V着用画像

なんなら気持ち良さまで感じるフィット感……実際に履くとさらに体感できます。

 

 軽量で歩きやすいモルフレックスソール

アウトソール(裏面)もビブラム社のモルフラックスソールを使用。

SUICOKEサンダルKISEE-Vアウトソール

EVA発泡剤と天然ゴムをベースに配合したもので、驚くほど軽いのに柔らかいといういいとこ取り仕様。

HARU
グリップ力がすごいので雨の日でもすべりません!

 

また、2枚のソールが重なるダブルソールになっているのでクッション性も素晴らしい。

SUICOKEサンダルKISEE-Vアウトソール

ソールの色が違うので2枚重なっているのがわかると思います。

このボリュームのあるシルエットはファッション的な面でもよいアクセントになりますよ!

 

目立たない部分にも注目!

ストラップの先は抜けてしまわないような仕様になっていました。

KISEE-Vのストラップ部分

ひっぱったら抜けちゃった!なんてことがないようになっています。

また、かかと部分にスイコックのブランドロゴも!

スイコックブランドロゴ

こういう気付きづらい部分のこだわりに魅力を感じてしまうのは私だけでしょうか…

目次へ戻る↑

 

スイコックのサンダル〈KISEE-V〉のサイズ感は?

SUICOKEサンダルKISEE-Vレビューサイズ感

スイコックは特別サイズ感にクセがありません。

つまり、

いつも履いている靴のサイズを選べばOK!

 

しかし問題があり、サイズ展開が1cm刻みしかありません。

となると、ハーフサイズが欲しい人にとってはいつもより上げようか下げようか迷いますよね…

 

でも大丈夫です。

その答えは間違いなく、サイズアップが正解!

普段26.5cmなら、27cmを選べばOK!

 

理由としては

  • ソックスを合わせる場合を考慮
  • ストラップで調整可能
  • 履きづらいほど影響はない

という点から、実際に履いた感覚も含めての結論です。

私は26.5cmのスニーカーがジャストなのでスイコックのサイズは27cmにしました。

SUICOKEサンダルKISEE-V着用画像

つまさきに余裕があるように見えますが、これくらいの余裕がある方が様々な状況に対応できます。

逆にこれより余裕がなかったら歩きづらくて仕方なかったでしょう。

HARU
サンダルの場合はジャストすぎると無理して履いてるように見えるので、少し大きいくらいが◎ですよ!

目次へ戻る↑

 

スイコックのサンダルで人気のモデルは?

スイコックには私がレビューしている〈KISEE-V〉の他にも魅力的なサンダルが多くありますのでいくつか紹介します。

 

テバサンダルと比較されるモデルであり、スイコックの定番〈DEPA-V2〉

スイコックDEPA-V2

http://suicoke.com

基本的な仕様は今回レビューしている〈KISEE-V〉と変わりません。

違う点といえばストラップの配置くらいで、テバサンダルと少し似ている部分があります。

HARU
カラバリ豊富で選ぶのが楽しくなります!

無難に定番モデルを長く履き続けたい人におすすめ!

 

レビューした〈KISEE-V〉よりもさらに厚底な〈KISEE-VPO〉

スイコックDEPA-V2PO

http://suicoke.com

ソールが3層になって厚底感が増したモデル。

また、ブランドステッチが白から黒に変更されています。

HARU
他にホワイト、レッド、ブルーがありますよ!

身長を盛りたい人や足もとにボリュームが欲しいひとにおすすめ!

 

脱ぎ履きしやすい!〈MOTO-VS〉

スイコックMOTO-VS

http://suicoke.com

ストラップではなく、コンフォートタイプなので脱ぎ履きがしやすいモデル。

アッパー部分にはカウスエードを仕様した高級感溢れる、他にはみないサンダルです。

HARU
サンダルなら楽さも大事ですよね!

周りと差別化をはかりたい人はMOTO-VSがおすすめ!

 

他にもスイコックのサンダルにはたくさんの種類があり、Amazonや楽天で多く取り扱われているので要チェックしてみてくださいね!

 

まとめ|スイコックは安定性、履き心地が魅力的!サンダル買うならSUICOKE!

サンダル買うならスイコック

本記事ではスイコックの〈KISEE-V〉をレビューしました。

 

スイコックならスラックスやシャツなどのモードな雰囲気や、カジュアルな雰囲気にもバッチリ合います。

それでいて履きやすく、長時間歩いても疲れにくい仕様もまた素晴らしい。

 

子供っぽくならない大人な雰囲気のスポーツサンダルってなかなかありませんから、1足あると重宝すること間違いなしです。

スイコックを持ったらしばらく他のサンダルはいらないですね(笑

 

今までサンダルに抵抗があった人や、新たにサンダルを探している人にこそ、スイコックのサンダルを試してほしいと思います。

HARU
ぜいこの履きやすさを体感してほしいと思います!

\ 今回レビューしたサンダル /

目次へ戻る↑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HARU

現役スタイリスト・現役バイヤー・元アパレル店員の3人で構成され当サイト「MODA」の代表。経歴▶︎18歳/国内メンズブランド販売・営業▶︎24歳/ラグジュアリーブランド販売・営業▶︎現セレクトショップ店長。ファッションに興味がない人から服バカな人まで楽しめるようなコンテンツ発信をしていく。

-ファッション, レビュー

Copyright© メンズファッションメディアMODA(モダ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.