Book LIFE

MBの本「もっと幸せに働こう」レビュー|元アパレル店員MB氏が送る「新しい仕事術」

MB本「もっと幸せに働こう」レビュー

持たざる者に贈る新しい仕事術

学歴も才能もスキルも持っていなくても、働き方しだいで幸福と成功は手に入る

本記事では、アパレル業界で知らない人が居ないほど有名人となったMB氏の本「もっと幸せに働こう」を読んで感じた事やどんな内容が書いてあるのかを紹介します。

結論を言うと、本書は本業以外での収入を増やしたい人や、現代のビジネス思考を知りたい人に向けた、ビジネスの本質を書いた本でした。

副業時代と言われている現代で、今後の時代を生き抜くための考え方が学べます。

まずは知らない人のために「MB氏って誰?なに者?」ってところから紹介したいと思います。

MB氏って誰?なに者?

通称「MB」氏は新潟県に生まれました。

元々アパレル販売員をしながら自身のブログで「おしゃれになる方法」を発信し続け、メルマガ、オンラインサロン、さらには自身のブランドまで立ち上げ、今では年商を超える会社を作り出したすごい人。

メルマガとオンラインサロンだけでも2019年8月時点で月収9,000,000円みたいです…

[jin_icon_check color="#ffbd59" size="18px"]有料メルマガ
月額:500円
読者数:12,000人
月収6,000,000円

[jin_icon_check color="#ffbd59" size="18px"]オンラインサロン
月額:5,000円
登録者数:600人
月収3,000,000円

参考:「もっと幸せに働こう」本書

このメルマガとオンラインサロン以外にも、自身のブランド販売、企業案件、書籍などたくさんのお仕事があるでしょうから年商何億なんでしょうか?…

この形を構築するために、MB氏は様々な努力をしてきたわけですが、ただやみくもに努力しまくったワケではありません。

要は、当時の「働き方に対する考え方」が人とは少しだけ違ったワケですね。

例えば、MB氏は自分のことを「服バカ」だと言っていますが、MB氏の有名な著書といえば「ほぼユニクロで男のおしゃれはうまくいく|スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾」という本。

通常「服バカ」ともなればハイブランドでコテコテにしたり、古着の年代に詳しかったり、一般の人には伝わらないことを披露しまくってしまうところ、

MB氏は全世界どこでもある「ユニクロで固めろ!」という本を出したワケです。(もちろんユニクロのクオリティはとても良いのですが)

「服バカ」を通り越すとそういう思考になるのかもしれませんが、ただのおしゃれさん目線ではなく、一般層に向けた違う視点で考えたからヒットした本でした。

その後の著書となる本書「もっと幸せに働こう」は、立派な学歴も職歴も何もない「持たざるもの(MB)」が、いかに成長し発展していったかを記したものです。

MB本書「もっと幸せに働こう」の大まかな流れ

・STAGE
今の場所から動けない君たちへ

・STAGE
固定概念から逃げ出そう

・STAGE
ビジネスにおける目標とは何なのか

・STAGE4
知っておくべきテクニックがある

・STAGE5
いかに正しく、いかに効率よくビジネスをするか

NEXT STAGE
ビジネスとは幸せをつくるためのツールである

(全257P+あとがき)

以上の項目から僕的に響いた部分を少しだけ引用しながら紹介したいと思います。

肝心なことは「好き」を仕事にすること?

YouTuberとしての仕事が世間で認識されるようになり「好きなことで生きていく」という言葉をよく聞くようになりましたよね。その言葉を聞くと

「好き」を仕事にするって本当に仕事になるのか?

とも思いますよね。

正直読んでいる最中は「考えが甘くないか…」と思ってしまう僕もいました。

しかし本書ではそんな人の考えも汲み取り、好きなことを始めるのは「副業からで構わない」と言っています。(MBさんの人生で言えば副業はブログですね)

多くの人は副業と聞くとインターネットを使ったブログやYouTubeなどを連想するでしょう。

しかし、本書ではもっと本質的な部分の「好きなこと」が仕事になっていく例を紹介していました。

「好きなこと」である自分のファッションをひたすら毎日きれいに撮影しUPし、そこで自分のファンと言えるフォロワーを数百人集めます。ご存知だと思いますが、SNSで数百人のフォロワーなど比較的簡単に集められます ー

そうして集めたフォロワーに対して「私物の古着買いませんか?」「ユニクロの服をリメイクしたので誰か買いませんか?」と働きかけます ー

引用:「もっと幸せに働こう」MB

これは一例に過ぎませんが、SNS時代の現代では意外と再現性が高い方法だと思います。

[chat face="iconfinder_person_10_1376038.jpg" name="ほりむ" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]実際に僕もWEARでフォロワー1万2千人のフォロワーが居ます。何かしようと思えばできるレベルですよね[/chat]

今の時代は何を使ってどんなことができるのか、自分は「何が好き」なのか、自分について考える時間を作ることも大切です。

さらに本書では、なにかできることを思いついた後の行動についても言及しています。

事業は「何をするか」が大事であり「何を使うか」は二の次

「行動が大事」はよく言われていることでもあり、なかなか出来ない人も僕を含め大勢いると思います。

とはいえ「どう行動していいかわからないけど、とにかく行動だ!」となってしまうのも危険です。

もし行動に移したとしても、目的を間違っていたらその行動はうまくいかない可能性があるからです。

例えば、あなたが30代に入り結婚を焦っているとします。

「早く結婚しなくちゃ」と思っている人は幸せになれません。なぜなら結婚が目的になってしまっているからです。

逆に「幸せになるために結婚しよう」と考えている人は目的が「幸せ」なので幸せになれる確率は圧倒的に上がります。(ちゃんと人を選ぶからですね)

タイトルにもありますが、「何をするか」が大事であり「何を使うか」は二の次です。

この考え方は当たり前のようですが、僕はなかなかできていません(単純に頭悪いだけかも)

そうならない為には順番をミスらないことです。まず自分は「何をしたいのか」を考え、それを達成する為には「何を使うか」を考えるようにしましょう。

実は僕はこのブログを運営する前、別のブログも運営していました。しかし、まさにこの考え方ができていなかった為に、ただの僕の考えをまとめただけのような特に意味のないブログになってしまったんですよね…

この考え方を守り今後はブログに取り組んでいきたいと思います。

目標には達成・行動・実行3つの種類がある

本書では行動前の目標設定に対する考え方も解説しています。

・達成目標
「お店の月間売上1000万円を達成」

・行動目標
「単価2万円の強化商品Aを1日10枚販売する」

・実行項目
「A(商品)のターゲット客層である20〜30代の男性が来店した場合。来店後3分以内に、最も販売効果の高かった「〜〜〜」というセールストークを用いて必ずAを提案する」

引用:「もっと幸せに働こう」MB

これもここまで明確化させて考えられる人は少ないのではないでしょうか。

僕も目標を立てることがあっても、その目標に向けての細分化した目標を組み立てることはなかなかできていませんでした。

やはり、人と違うことをして成功する人というのは、考え方も人とは違うのです。

さらに言えば、こういう情報を手に入れてもそれに沿って実行する人も少ないですよね。過去のぼくはまさにそれで、自分流のやり方を貫いてしまう頑固者でした。

人の考え方や言っていることは素直に自分の人生に取り入れていくべきでした。

価値のない10万人より、価値のある100人を集めよう

つまり、ビジネスでSNSを活用するなら「量より質が大事」ってことですね。

例えば、現代のSNS時代は人に対する評価はフォロワーの多さにばかり目がいってしまいがちです。

その人がなにをしているか、どういう考え方か、どんな人かは置いておいて「フォロワーが多い人が正解」という考えが優先されがちですよね。

しかし自分でビジネスをする場合、ただただフォロワー集めをしても全く収益にならない、もしくは収益までの道のりが遠い事にもなりえます。

価値のあるアクティブユーザーを集めることに集中して行動していれば、フォロワーが少なくても割と早い段階で収益化に成功するはずです。

そして、そのためには

「他人目線」の行動をしろ

と本書では言っていました。つまり、SNSの無駄遣いはやめた方が懸命だということです。

常にアクティブユーザー(他人)からの目線を意識した行動をとることで、その行動に引き寄せられて価値のある人が集まるんですね。

顧客の事をもっと真剣に考えろ!

効率よくビジネスに取り組むには、顧客(利用者)のことを第一に考えること。なぜなら人が喜ぶことがビジネスの本質だからです。

どんなビジネスであっても、根本にあるのは「人の役に立つこと」や「人が喜ぶこと」です。ここをおろそかにしていてはいつまで経っても、何をしても成功しません。

当の本人、MB氏は本書でこのように言っています。

私は間違いなく、「おしゃれじゃない人」のことを日本一考えています

引用:「もっと幸せに働こう」MB

このように、ターゲットを決め、そのターゲット(顧客)のことを日本一考えていると言えるくらい追求してきたMB氏。

本書では、顧客への考え方について、さらに深堀りして解説していました。

まとめ|「もっと幸せに働こう」はビジネスの本質を具体的に解説し気づかせてくれる良書

本書「もっと幸せに働こう」は、元アパレル店員のMB氏がブログからサイドビジネスを始め、そこから年商億を超える会社へと成長できた考え方や、これから新たなビジネス(副業)を始める人へ向けたビジネス思考が学べる良書でした。

本業以外何していいかわからない。
自分には何もできない
今の時代どんな方法があるのか

そんな疑問を持った人や

この人だからできたことなんじゃないか」

そんなことを思う人にこそ、読んでみて欲しいと思います。

アパレル販売員からスタートしたMB氏ですが、自身のことをスキルもなく、センスもないと言っています。

実際にビジネスが成功するまでは特別なにか華やかな経歴があるようでもありません。(大変失礼なことを言っているのは重々承知です)

しかし、そんなMB氏も、年商億を余裕で超えてしまう会社を運営されていたり、ビジネスへの考え方はとても参考になります。

是非読んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HARU

現役スタイリスト・現役バイヤー・元アパレル店員の3人で構成され当サイト「MODA」の代表。経歴▶︎18歳/国内メンズブランド販売・営業▶︎24歳/ラグジュアリーブランド販売・営業▶︎現セレクトショップ店長。ファッションに興味がない人から服バカな人まで楽しめるようなコンテンツ発信をしていく。

-Book, LIFE

Copyright© メンズファッションメディアMODA(モダ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.